インスタグラム広告とブランドセーフティ問題。いじめ対策、自殺自傷行為抑止の動き。インスタグラム最新情報2019

ブランドセーフティ問題。広告が自殺やテロ関連に表示されたりのあれ。後述の自殺自傷行為コンテンツへの対策。ここら辺が進んでいくことで広告に関する問題も合わせて解決に向かっていくんだろうか。

追記。2019年7月9日。インスタグラムのいじめ対策最新記事

インスタグラムいじめ対策強化!攻撃的なユーザーをシャドウバンする「Restrict/制限する」+誹謗中傷者のコメント内容をAI判定「確認メッセージ」と「アンドゥ機能」テスト開始。Instagram新機能/アップデート最新情報2019年7月

インスタのブランドセーフ問題、広告主は広告撤回をせず:対策を求めつつも – DIGIDAY

BBCは1月23日、英国の大手小売企業のマークス&スペンサー(Marks & Spencer)、英国郵便局、靴ブランドのデューン(Dune)、英国心臓病支援基金(British Heart Foundation)の広告が、インスタグラム上に投稿された自殺画像コンテンツの横に表示されていると報道した。BBCは、インスタグラム上で自殺に関する投稿を見た10代の少女が自ら命を絶った事件を受けて独自調査を行っていた。

だが、広告主は2017年にブランドセーフティが大問題になったときのように広告を撤去しておらず、異なる方法で対処している。各社の発表を見る限り、上記の広告主は広告を撤去してはいない。オンラインプラットフォームが不適切なコンテンツで収益を上げる事件は過去2年間で何度も起きており、最初はパニックになっていた広告主も実用的な対処法を身につけるに至っている。

Read more

https://twitter.com/koukichi_t/status/1093162743010516995?s=21

インスタグラムのユーザー保護の動き。いじめ対策、自殺自傷対策、保護者のためのガイド

 

読んでくれてありがとうございます。また見に来てね
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アトトト最新情報を信中?真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載

Posted in Instagram(インスタグラム), WEB/SNSマーケティング, アプリ, インスタグラム広告関連情報, クリエイター/WEB・SNS担当者/マーケターのためのヒントTagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

人気の投稿

ツイートする