Twitter投げ銭Tipsにイーサリアムアドレス設定追加!ビットコインに続いてEthereum($ETH)でも支援しやすく。ツイッター新機能アップデート 最新ニュース 2022年2月

カテゴリー
Twitter(ツイッター) イーサリアム(ETH/Ethereum) ニュース ビットコイン(BTC/Bitcoin) 仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーン

2021年9月に全ユーザーへ公開されたプロフィール画面の投げ銭設定。

また、日本国内で設定できるのはビットコインアドレスとクリエイター支援サービス「Patreon(パトレオン)」だけでしたが、今回$ETH(Ethereum/イーサリアム)のアドレスの設定が追加。

Twitterプロフィールに投げ銭用の仮想通貨アドレス設定。イーサリアムも

公式ツイートによるとイーサリアム以外にも新たに追加された項目が挙げられていますが、日本国内ではイーサリアムのみが追加されたと言うことじゃないかと思います。

実際のところ、投げ銭機能とは言っても、日本では直接投げ銭はできません。プロフィールに設定されているビットコインアドレスをコピーして自力で送金と言う形です。

今回のイーサリアムに関しても同様で支援したいユーザのプロフィール画面からTipsをタップしてアドレスをコピーして送金すると言う形になります。

その他、Twitterで仮想通貨で投げ銭を受ける方法。次世代高速ブラウザBrave(ブレイブ)

クリエイターの方などで投げ銭をTwitterで受けたい場合には次世代り高速ブラウザBrave(ブレイブ)」を利用すると言う手もあります。

Braveクリエイターとして、ワードプレスやTwitterアカウントYouTubeアカウントの登録が可能。

ブレイブブラウザを使っているユーザーがクリエイター登録みのサイトやSNSアカウントに訪問した際には投げ銭で支援が可能となります。

投げ銭はBAT(Basic Attention Token)と呼ばれる仮想通貨で送金されます。受け取りには日本ではbitFlyer(ビットフライヤー)という仮想通貨取引所を利用します。

以下、直接関係ないものもあるかもですが過去記事どうぞ

ほぼ毎日更新中。SNS最新情報/カメラ/写真関連ニュースを信してます。よかったらまたどうぞ
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載