New ALIENWARE M15 R3 実機使用感レビュー。デルアンバサダー 1ヶ月間ノートPCモニター 2020

カテゴリー
Dell(デル) New ALIENWARE M15 新製品・商品レビュー/アンバサダー

デルアンバサダーでNew ALIENWARE M15 R3を約1ヵ月間モニターとして使用させてもらいました。

実機レビューとして、いつも通りポッドキャストやブログで実際に使った感想を。1ヶ月間メイン機としてがっつり仕事にも使ってみたので以下どうぞ。

New ALIENWARE M15 R3(2020年モデル)モニター機のスペック/構成

モニター機の構成に近いのは以下のモデル。ビデオカードとメモリをカスタマイズすると同構成になるかと

ALIENWARE m15 プラチナ ・RTX搭載 VR

太字個所は以降の記載内で触れていく点です。

プロセッサー第10世代 インテル® CoreTM i7-10750H(6-コア, 12MBキャッシュ,最大 5.1GHzまで可能 w/ Turbo Boost 2.0)
OSWindows 10 Home 64ビット日本語
メモリー32GB(16GB × 2) DDR4 2,666MHz (オンボード)
ハードドライブ256GB PCIe M.2 SSD
ビデオカードNVIDIA® GeForce RTX 2080 SUPER 8GB GDDR6
ディスプレイ15.6 インチ FHD(1920 x 1080)
144Hz 7ms 300-nits 72% NTSC 色域(ライト)
本体サイズ高さ:18.39mm~20.5mm
幅:360.3 mm
奥行き276.32 mm
重量約 2.11 kg~2.5 kg

実際の使用時の感想などは後述するけど、2020年1月にお借りしたALIENWARE M15 R2と構成比較して大きな違いに気づいた。

R2モニターの際はメモリ16GBだったのに対し、今回はメモリ32GB。この辺りが動画の書き出し速度の短縮に大きく影響してたってことだろうか。その割に通常使用時のもっさり感・・・みたいにも思ってしまうが。謎。

New ALIENWARE M15 R3(2020年モデル)外観/デザインなど写真

本体外観デザイン

ポッドキャスト内でも触れたけど、R2とどこが変わったかなどはパっと見ピンとこなかった。

今回で3度目か4度目のALIENWAREモニターとなるので、個人的には「定番」というかんじで変わってないかんじも好印象。

ALIENWARE M15 R2は過去記事でレビューしてるので気になる人は写真で比較どうぞ。今軽くチェックしてみたけどぱっと見違いがわからないような。。。

キーボード&バックライトのかんじ

ふだんキーピッチがかなり狭いキーボードを使用しているので慣れるまではタイプミスもあったけど、一般的な距離感なので使いやすいんじゃないかと。

キーストロークに関しても特に違和感かんじたりもなく、特別良いとも悪いとも思わなかったので、結果的には快適に使えていたってことかと。使いづらいのだと、いちいちイライラしていたはずなのでw

ポッドキャスト内でR2とはデフォルトのバックライトの色が違う気がするみたいなこと言ったけど嘘でした。ごめんなさい・・・

ポート/スロット関連写真

本体右側面

本体右側面にはマイクロSDスロットとUSB Type-A
  • MicroSD 5.1、UHD-II HD312カード リーダー
  • 2 x SuperSpeed USB 3.1 Gen 1 Type-A 

マイクロSDスロットはR2ではついてなかったぽい。構成次第なんだろうか。MicroSDつけるかつけないかなんて構成選択なんてないだろうか。わかんないけど。

本体左側面

左側面。LANケーブル/USB Type-Aとイヤホンジャック。Nobleロック ポートみたいなのも?
  • Nobleロック ポート(ケーブルとロックは別売)
  • Killer Networks E3000ギガビット イーサネットNIC
  • PowerShareテクノロジー対応USB 3.1 Gen 1 Type-A
  • オーディオ出力用3.5mm ポート(インライン型マイク ヘッドセットと互換性あり)

本体背面

背面。Mini-Display Port /HDMI/電源/Alienware Graphics Amplifier

Alienware Graphics Amplifierってなんだろうと調べてみたら外部ディスプレイへの出力関連のなにかっぽい。ちょっとはっきり把握できていないけど、電源を備えた外部ディスプレイ出力用の機器に接続してノートPCながら自宅ではがっつりグラフィック重視でゲームしたりなんかにも使えるみたいなことだろうか。

Amazonだと以下が該当かと。「Dell ALIENWARE ゲーミングノートパソコン用 グラフィックボード外部拡張外付けボックス」って表記。

Amazonの説明。

Graphics Amplifierは、フルレングス、ダブル幅のグラフィックスカード(最大375 W)をサポートしてゲーミング体験を加速し、さらに、4ポートの電源供給USB 3.0ハブが組み込まれており、より多くの接続性を提供。

デル公式ストアにあるのと同じもの?見た目的にはそう思うんだけど。※仕様や製品の正確なところはご自身で確認お願いします。

New ALIENWARE M15 R3(2020年モデル)を1か月間メイン機として使用してみた感想

過去にALIENWARE M15 R2とM17 R2も触らせてもらったことがあり、日常用途はもちろん、仕事での写真編集や現像・レタッチ、一括書き出し、そして簡単な動画編集なんかにも大活躍。

今回R3という2020年の最新モデルということで、スペックどうこうというより、ごく単純に「最新機種」ということでより快適な使用感に期待していた。

日常用途/ふだんの仕事など。ブログ/写真・動画編集

何を意識することなく日常的に使用していてかんじたところ、なんだか全体的にもっさり感が。

プチフリーズが割と発生したり、なんとなく全体の処理が重いなと感じたりと。

過去モデルではフラストレーションはゼロという印象が強かったので、ちょっと気になったところ。とはいっても、致命的なこととかは全くなく、一瞬止まることがあるなくらいで問題には感じず。

高負荷がかかったタイミングという訳でもないのでよくわからない。

ちょっと気になるかな程度で全体的な印象としてはいたって快適だったと1カ月使って今思う。

構成/スペックの個所で触れたけど今回メモリ32GBだけど、このもっさり感。メモリが多ければなんでもかんでも速くなるとか快適になるってわけでもないってことだろうか。

音楽/映像視聴/ポッドキャスト配信。スピーカーとマイクの感想

音には圧倒的にうといし、好みもあると思うけど「迫力がある」「音の広がりをかんじる」印象を受けました。

この点についてはレビュー視点ではなく、ふつうに音声を再生したら「あれ、なんか良いぞ・・・」みたいな。ステレオ感/サラウンド感をかんじるみたいな。確実に左右にわかれた音の聞こえ方と、反響して耳元に広がってくるような、そんなイメージ。

対して、マイクはかなり微妙。とは言え、他社メーカー含めマイクが高音質に感じたことはないので、これはもうそういうものってことなのかも。

といっても、ふつうに録音したりに困るほどのことはないかと。実際の音質はポッドキャスト配信で確認できます。

動画書き出し時間が短縮

※後述の動画書き出し時間比較表をどうぞ

過去に書き出し速度比較したりしていた流れでNew ALIENWARE M15 R3も同じ動画を試したりしたんだけど、「あれ?」と。

なんか異様に速いのだが・・・w 前述の通り通常使用時のプチフリーズとかあったので動画のレンダリングとか書き出しにも影響出て遅いのかなみたいに漠然と思ってたので意表をつかれた。

分単位で書き出し時間短縮されているのでこれはすごい。今回あまり動画編集試せずに最後にまとめてテストしたかんじだったのでちょっと後悔。もっとがっつり作業したかった。

毎日の様に動画編集する職種の人やYouTuberなんかには反復作業でかかる時間は少しでも抑えたいところだと思うのでおすすめかも。

ハードディスク(SSD)256GBはつらい。クラウド同期でほぼいっぱいに

One Driveを使用していて不要なものはオンデマンド設定しているので、必要なファイル群だけがPC内にも同期されて存在しているみたいな状況。

ALIENWARE M15 R3を初期化後、同期完了時点でHDD残量40GBくらい。もうこの時点でつらい。

返却間際に見てみたところ空き容量は7GB・・・w

ネット上で見かける話や、個人的な経験として空き容量が少なくなると急にPCが重くなるってイメージ持ってるけどどうなんだろう。

なんにしても、この空き容量ほぼない状態で動画の書き出し速度テストは行いました。その上で爆速という結果。

【Premiere Rush動画書き出し速度比較表】Dell XPS 15/ALIENWARE M15&M17 R2/M15 R3/Surface Laptop 3

動画編集/書き出しはPremiere Rush番号が同じ物は、同じ動画を書き出しで比較です。ノートPC名のリンクは各レビュー記事飛びます!

機種名書き出し形式動画の長さ/サイズ対象動画時間
1⃣New ALIENWARE M15 R2フルHD 60fps14分/4046MBYouTube約11分
1⃣New XPS 15 7590フルHD 60fps14分/4046MB10分58秒
2⃣New ALIENWARE M17 R2フルHD 60fps6分 約5分
3⃣New ALIENWARE M15 R3フルHD 60fps6分8秒YouTube2分14秒(極端に速いけど、ファイル側に不備あったのかも…)
3⃣New XPS 15 9500フルHD 60fps6分8秒3分30秒
3⃣New XPS 15 7590フルHD 60fps6分8秒4分25秒
3⃣New ALIENWARE M15 R2フルHD 60fps6分8秒約7分
3⃣New XPS 13 9300フルHD 60fps6分8秒約21分
3⃣Surface Laptop 3フルHD 60fps6分8秒約25分
3⃣Surface Pro 4フルHD 60fps6分8秒約35分
4⃣New XPS 15 7590720p 30fps2分40秒57秒
4⃣New XPS 15 7590フルHD 60fps2分40秒1分40秒
4⃣iPhone 11 ProフルHD 60fps2分40秒約5分
4⃣Surface Laptop 3フルHD 60fps2分40秒約8分
4⃣New XPS 15 75904K 59.94fps2分40秒1分50秒
4⃣Surface Laptop 34K 59.94fps2分40秒約19分
5⃣New XPS 15 7590フルHD 60fps11分7分45秒
5⃣Surface Laptop 3フルHD 59.94fps11分約46分 ※書き出し動画不備多数
6⃣New XPS 15 7590フルHD 60fps4分50秒2分37秒
7⃣New ALIENWARE M15 R3フルHD60fps12分4分44秒
7⃣New ALIENWARE M15 R3フルHD60fps8分51秒YouTube3分30秒

5⃣に関しては4⃣の動画を4Kで書き出してみました。

まとめ。New ALIENWARE M15 R3(2020年モデル)レビュー

エイリアンウェアR2の際と同様にこれといった不満無し。

圧倒的にパワフルでがっつり作業したい、フラストレーションなくサクサク仕事したいみたいな人にはおすすめでしかない。

ただし、本体のサイズや重さを考えると持ち運びは諦めるしかないボリューム感なので、その辺りは割り切って使用が必要かと。(持ち運ぼうと思ってできないことはないけど。バッテリーケーブルとかでかすぎてかなりつらそう・・・w)

今回のR3ではバッテリーの持ちを確認し忘れてしまったけど、R2の時だと2時間半くらいでバッテリー切れになってしまうような印象あった。バッテリー持続時間を求めるような機種ではないと思うのであれだけど。

自宅でがっつり、いざとなれば持ち出せるみたいな感じで選ぶノートPCという印象。外出時の仕様も想定するのであればDellのXPS 15がおすすめかと。

過去のデルアンバサダーのモニター/レビュー履歴

ALIENWARE M15 R3 2020年モデル

XPS 13 9300 2020年モデル

XPS 15 2019年モデル

NEW ALIENWARE M15 R2 実機レビュー

DELL ALIENWARE M17 R2 実機レビュー記事と動画


DELL NEW XPS 13

https://twitter.com/koukichi_t/status/1120883560137678849?s=21

DELL XPS15 2-in-1

New XPS15 2-in-1(9575) (2018年7月13日発売)

DELL XPS13 2-in-1

ポッドキャストやってます。番組名は「インスタSNSニュース@聴くまとめ」各アプリで「koukichi_T」を検索!
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載