Dell XPS15 2-in-1届いた!1カ月モニター開始! #デルアンバサダー デルノートパソコン製品レビュー使用感感想
3 min read

昨日記事書いたやつの続き!製品レビュー本番!DELL!
デル株式会社
デルアンバサーとして前回のXPS 13 9365 2-in-1に続いてレビューを!1カ月間実機レビューとしていろいろ試してブログやTwitterに掲載していく予定!

dell XPS15 2 in 1モニター待機中!前回のXPS13 2 in 1に続き。 #デルアンバサダー 製品レビュー

 

Dell XPS15 2 in 1到着!本日からレビュー開始!実機のかんじを写真で。

デルアンバサダーで応募して今回は今回は15インチのノートパソコン「New XPS15 2-in-1(9575) (2018年7月13日発売)」のモニターとして1か月間使用。とりあえずファーストインプレッションとして軽めに写真と感想を。

必要最低限のものはインストール、環境も整えたので1か月間はメイン機として使用してみるつもり。15インチなので割り切って移動時に持ち歩いて使用するつもりはなし。

しかしほんとAdobe Creative Cloudをはじめ環境の同期とか楽になったから違うパソコン使うときもすぐ環境再現できるの便利すぎる。さすがに写真の全データクラウドからってわけにはいかないのでそこらへんは外付けHDDに頼るしかないけどw今までは完全に自宅作業環境だったので外付けハードディスク4台を変な箱?みたいなに格納して一本のUSBケーブルでパソコンに接続して使用ってかんじだったんだけど、パソコンが片っ端から壊れたことをきっかけにポータブルHDDもゲット。と、話がそれたw

 

4k15インチは広い!見やすい!

Dell XPS15 2-in-1 / notebook review. I’ll use Dell ”XPS15 2 in 1” for editingPhotography and video with Adobe Creative Cloud for a month.

15インチノートパソコンて初めてなんだけど圧倒的にみやすいな。びっくりw上のスクショ見てもらうとわかる通り左に今書いてるこの記事、右上にYoutube、右下にLightoom。がっつり現像の場合はこれじゃあれだけどブログにちょこっと掲載とかならこのかんじで十分。

そして重要なのはやはりディスプレイ自体の大きさ。13インチで高解像度だと領域広く使えるのはいいけど文字見えないし。。。その点画面自体が大きいので割と使いやすい。100%表示だとアプリによってはちょっときついなってのもあるにはあるけど。13インチのそれと比べたら圧倒的に有利。

 

パソコンの用途としてはAdobe製品メイン、ブログ(Wordpress)関連、ストックフォト素材販売用に写真現像、動画編集、イラスト作成とか

WordPressは記事書いたりテンプレートカスタマイズしたり、アイキャッチ画像作ったりいろいろ、そしてストックフォトでは写真素材、動画素材、へたくそイラスト描いて販売という感じ。なのでほぼほぼAdobe製品の使用かも。

Adobe Creative Cloudで普段使ってるアプリ

  1. Adobe Photoshop
  2. Adobe Illustrator
  3. Adobe Premiere Rush
  4. Adobe After Effects
  5. Adobe Lightroom Classic
  6. Adobe Lightroom CC
  7. Adobe Fireworks
  8. Adobe Dreamweaver

いざパソコン買おうってなったとき、実際にソフトインストールして試せないというのはいつも理不尽に思う。そんなもん実際に試さなきゃわかんないに決まってんだろ!というwカメラもそうか、カメラの液晶モニタ見て「おお!きれい!」とか謎すぎるw

なので、そういうのふまえて上記であげたソフトに関してはレビューとして掲載できればと思うので、このパソコンでこのアプリ使った場合の使用感はどうなのかってところも把握できるかも?購入検討してる方の何かの参考になれば。

こうやって書き始めるとせっかくだからあの写真もとかいろいろやろうとして結局下書き追加の繰り返しwなのでとりあえず記事公開。ちょこちょこ更新していくスタイルで行けたらと。また近いうちNew XPS15 2-in-1(9575) (2018年7月13日発売)レビュー記事アップ予定!ふぁぼってチェックしてもらえたら!

 

Twitterでも使用感とか時々つぶやくと思うのでよかったらどうぞ

 

 

 

写真販売するなら登録しておきたいストックフォトサービス一覧

Shutterstock
審査厳しい、申請もちょっとめんどくさいのであんまり使ってない。けど、世界のストックフォト最大手のひとつなので、数アップすればかなり売れるんじゃ?数枚しかアップしてなくて売れた事ほとんどないけど1枚$0.25だったかと。動画狙いがおすすめかも。
iStock/ Gettyimages
こちらも世界の最大手フォトストックサービス。現在はゲッティイメージズにコントリビューター申請してもiStockに回されるぽい。実際そうだった。素材登録、申請、審査ともに手間かかるし厳しいのであまり使ってない。ただし世界中で写真が使われる事になるので大手メディアで使われると連鎖的に他メディアが購入してくれるなどの可能性も高い。例えばプレスリリースやニュースメディアなんかで使われると他サイトが引用する際に写真を購入して使ってくれる場合も。
Motion Elements
After Effectsのテンプレートや動画素材販売+写真素材なども販売可能。自分で販売価格の設定ができ、なおかつ販売価格のテンプレ作成可能で複数写真に一括適用可能。同様にキーワードやジャンルなどの各素材情報も複数テンプレ登録可能なので申請はいろいろ楽かも。そして審査も緩く報酬率は販売価格の50%と良い感じ。
Adobe Stock(Fotolia)
Adobe CloudやPhotoshop他様々なアプリとの連携で写真検索できるので購入者は世界中にとんでもない数存在するので報酬率低いけどまあ無難に登録しておくべき。自分もそうだし、ネットなんかで一般的に見かけるのが1枚あたり報酬28円?140円くらい。けど、この前一枚800円超え報酬があった。動画は売上4000円/1本で売れた事も。購入者の契約プラン依存ってことだろうか。
Snapmart
他とは全然タイプの違うストックフォトサイト。ピックアップされやすい写真の方向性としてはインスタ映え系、フィルム系。HP素材というよりはブログとかのアイキャッチ用途が大部分の様な?ブログ内で時々触れてるけど、低報酬&顧客数が圧倒的に少ないなどもあって写真素材で稼ぐにはあまり適していない。ただしストックフォトにしては珍しく自力集客が有効なサイト(普通ストックフォトでリンク流してもまず売れない。というか買う側がSNSとかブログ経由なんかで写真を探すわけないので)。しかし、えとみほさんの影響力やスナップマート運営のSNS活用によってメディア的立ち位置での影響力も強く、SNS誘導が威力を発する点は他にはないメリット。うまく立ち回ると写真販売+αが手に入るメリットも。この辺りがまさに素人革命。何かの分野に特化した知識/能力を持っている場合はその立場を生かしつつスナップマートを活用するというのがベストかと。写真のアップはアプリiOSからのみ。
PIXTA
自分がWEB制作なんかに素材購入する際は9割ピクスタ使ってる。日本人素材が多く、アイキャッチとかとは違って逆に素材感が必要な場合も多く、悪く言えば不自然な写真が揃っているのでHP作成なんかには使いやすい。
EyeEm&Gettyimages
EyeEmは写真の審査はほぼ無いに等しい。そしてプレミアムコレクションに選ばれると世界のゲッティイメージズでも販売可能になる。これも特別良い写真じゃないと選ばれないって訳でもない。売上は一枚あたり2ドル?125ドル。報酬率は販売価格の50%。ゲッティ経由ならEyeEmの取り分の内50%が売り上げとしてもらえる。英語で色々対応する必要あるので全く英語できない人には厳しいかも。アート方向と収益と両立したいって人には色々チャンスも。スポンサー付きコンテストで色々もらったり、計30回以上コンテスト入賞したり、ドイツで写真展示&スポンサーが20万分旅費宿泊費全額負担してくれてベルリンに招待された俺が言うんだから間違いない 笑
Posted in DELL XPS15 2-in-1, Product impression/ReviewTagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
Koukichi TakahashiTwitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機能/アップデート最新情報を配信中!写真素材はEyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップマートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載。Koukichi_T
Koukichi Takahashi Photography

Popular Articles

ツイートする