中平卓馬の「氾濫」展、渋谷で開催決定

モノクロ 女性の後ろ姿 中目黒 目黒川

 

写真展に行くってことはまずなく、行こうと決めて行ったことはソール・ライターの一回しかないんだけどちょっと気になる。

この方の写真について全然知らないんだけど、森山大道の動画や本の中で度々話に上がってたので、写真というよりも人という感覚で興味を覚えるんだろうか。

 

 

中平卓馬の「氾濫」展開催、40年前の巨大インスタレーション作品を再現

https://www.fashionsnap.com/article/2018-02-22/hanran-nakahiratakuma

同展では作品集「氾濫」の刊行に合わせ、スペース内の壁面にインスタレーションを再現。制作から40年以上を経たいま、中平の写真的思考と実践を改めて読み解くという。

中平卓馬は東京で生まれ、東京外国語大学スペイン科を卒業後、雑誌「現代の眼」編集者を経て、60年代半ばから写真を撮りはじめる。68~69年には多木浩二、高梨豊、岡田隆彦、森山大道とともに写真同人誌「プロヴォーク」を刊行。77年に篠山紀信との共著「決闘写真論」を刊行直後、病に倒れて記憶の大半を失うが、翌年から撮影を再開した。没後の2017年にはシカゴ美術館で「Circulation」展、台北で「中平卓馬」展が開催され、評論集の翻訳出版も進行されている。

■中平卓馬「氾濫」展

会期:2018年3月10日〜4月14日 11:00〜19:00 ※日月祝休
会場:CASE TOKYO
住所:渋谷区渋谷2-17-3渋谷アイビスビルB1
料金:無料

 

森山大道に関しても個人的には写真どうこうてことじゃなく、人間として無性に興味を感じる。あの語り口調や声がなんとも言えず、あの人が撮るから写真も見てみたくなるという感じ。と言いながら写真展には行ったことないけど。機会あったら行ってみたい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

写真、記事が気に入った、何かの役に立ったなどサポートいつでも歓迎です!

$
Select Payment Method
Personal Info

Donation Total: $3

広告ブロックによる高速ブラウザBrave

人気の投稿

写真関連情報

コメントを残す

「COPYTRACK利用中です。画像/写真の商用無断使用・不正商用使用・写真盗難盗用は料金回収(再ライセンス提案)、及び使用料金請求・法的措置などの対応をさせて頂きます。」