アドビストックで売れた写真たちと内職感。イラスト以外。ストックフォト売上/販売履歴

 

アドビストックで売れたやつ。

 

 

内職感

全部つぶやいてるわけじゃないのであれだけど、見てわかる通り全然売れない 笑 EyeEm/Gettyメインなのであんまりアップしてないからってのもあるけど。

これよく書いてるけど、内職のつもりでやらないと単価(販売価格じゃなく売上)安い系のストックフォトは割に合わないなんてレベルじゃないw
もしこれから始めようかな?と気軽に思ってる人いたらはっきり言っておく。やめた方がいい・・・笑(せめてサイトは選ぶべき)

もちろんセンスとかもあると思うんだけど、もうそういう問題じゃなく、ストックフォトというビジネスモデル自体が個の集合体(個の作品の集合体)の力で運営が稼ぐというものなので、一人がずば抜けて売れるなんてことはそうそうないし、アドビストックなんかの大手の異常な審査の厳しさ、理不尽なリジェクト。それだけならまあいいんだけど、申請にあたってタグとかタイトルとか大変すぎるし、それで審査落ちるとかもうほんと時間の無駄すぎてつらいのです・・・笑 なので写真はもうほとんどアップしていない

 

 

それもあってイラスト。へたくそでもOK

 

その点イラストだとそもそも画質も何もないので審査落ちほとんどないという事もあって、下手くそなイラストアップしてみたらちょこちょこ売れるので、最近ブログにそれ系記事をアップしている感じ 笑

 

AdobeStockで六つ子の子猫ちゃんたちのイラストが売れた!もしかして色無しイラスト売れるんじゃないか?考察

Adobe Stockで時々売れるへたくそなイラストたち。新作追加!ストックフォト販売履歴

 

 

そして、時々高額で売れるEyeEm/Getty Images。1枚100ドル以上は初!

https://twitter.com/Koukichi_T/status/956149122150539264

これ見てもらうと、いかに売り上げ単価安い系が時間の無駄遣いか、内職かというのがわかってもらえるんじゃないかと。EyeEm/Gettyなら審査ほぼないし。
このEyeEm/Gettyの一枚100ドルで売れた写真についてはまた別記事で書く予定。

 

 

 

その他、写真で稼いでいく方法を試行錯誤中なので、ちょこちょこ更新していきます。

写真に関わらない部分なんかも含めた記事はnoteで更新中。

 

 



関連情報

 

 

 

「写真家」と「カメラマン」、どっちを目指す?
LESSON 1 何の写真で、食べていきたい?
LESSON 2 誰のために、写真を撮る?
LESSON 3 「写真家」で食べていくという現実
LESSON 4 「何でも撮ります! カメラマン」から、はじめよう
LESSON 5 セルフ・ブランディング│誰でも撮れる写真から、私なら撮れる写真へ
LESSON 6 「みんなが、クライアント」という発想★INTERVIEW 1 市橋織江★INTERVIEW 2 橋本 塁


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

写真、記事が気に入った、何かの役に立ったなどサポートいつでも歓迎です!

$
Select Payment Method
Personal Info

Donation Total: $3

広告ブロックによる高速ブラウザBrave

人気の投稿

写真関連情報

「COPYTRACK利用中です。画像/写真の商用無断使用・不正商用使用・写真盗難盗用は料金回収(再ライセンス提案)、及び使用料金請求・法的措置などの対応をさせて頂きます。」