セキュリティー懸念の中国TikTok問題。本日アマゾンが社員へ向けてティックトックの禁止メール(モバイル端末などからの削除)を送信したと各メディアが記事を公開。

その後、ティックトック禁止メールは誤送信だったとAmazon広報が回答とのこと。現時点でTikTokに関するポリシーに変更はない模様。

社員へ送信されたというTikTok禁止メールはTwitter上などでスクショが出回っている。

TikTokに関しては、2019年1月に米シンクタンクが警鐘。その後、2020年6月にインドでティックトックを含む59のアプリが禁止に。オーストラリアでも禁止検討、米国ではファーウェイと同レベルで危険視といった話も。

TikTokは本拠地移動を検討。日本でTikTok禁止になるという話は今のところ上がっていなそう。

続報など随時更新中。

一方、InstagramのTikTok機能「リール(Reels)」がインドでテスト開始。Twitterが葬ったVine後継「byte」のダウンロード急増など各方面へ影響。

インスタグラム/Twitterを中心に新機能/アップデート最新ニュースを信中です。よかったら他記事もどうぞ
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載

Posted in Amazon, TikTok, ニュース, 中国の話題Tagged , ,
ツイートする