フェイスブック中国の偽アカウント販売不正アクティビティ(インスタグラム偽いいねなど)業社4社を商標侵害で告訴。Facebook最新ニュース速報2019
4 min read

Facebook、FB/インスタグラムの偽アカウント、不正アクティビティ販売業社を告訴

Facebookやインスタグラムを始め、Twitterなんかにおいても問題となっている偽アカウント問題。今回Facebookが不正アクティビティや偽アカウント売っている中国企業4社を告訴とのこと。また、サービスに関わった中国拠点の個人3人含め、FacebookとInstagramの商標と利用規約を侵害したと主張しているとのこと。

以下、TechCrunchから抜粋引用

Facebookが商標侵害で中国企業4社を告訴

Facebook(フェイスブック)は、FacebookとInstagramでの偽のアカウントや「いいね」、フォロワーを売る数々の中国ウェブサイトに対し法的措置を取る。Facebookは金曜日午後遅くに投稿した短いブログで告訴することを発表した(我々の関心を少ししか集めないための普通では考えられない動きだ)。もちろん、中国ではFacebookは禁止されているという事実は、ベゾス氏の言葉で言うところの、事態を複雑にするものだ。

訴状は、米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提出された。訴状では、2017年から中国企業4社と中国を拠点とする個人3人が「Facebook(例えば偽の名前や偽のIDを使用する)と不確実なアカウント(例えば本当でないアクティビティに使用される)の販売を促進するウェブサイトを運営し」、その過程でFacebookとInstagramの商標と利用規約を侵害したと主張している。

Read more

関連:Instagramの自動化、ボット問題AIによる対策と認証アカウント売買

先日インスタグラム発表のフォロー、コメント、いいねの自動化、ボットへの対策。

インスタグラムにbot撲滅の動き。自動いいね/コメント/フォローなど偽アクティビティをAIで削除。全ユーザーエンゲージメント低下の懸念も。Instagram最新情報2018

そして、今回の不正アクティビティがインスタグラムの自動いいねなどのボットサービスをのみを指しているかは不明。ただの自動化であればまだマシだけど、さらに悪質なものとしてトラフィックエクスチェンジ的なサービス利用者間で「自動で相互いいね」をさせるサービスも存在する。

 

関連:インスタの認証バッジ売買

関連:Facebookのガイドライン違反への取り組み

Facebook「管理者タブと違反制限通知」「ページクオリティタブ/規約遵守度判定」「違反常習者対策ポリシーの改訂」などスパム、ガイドライン違反ページへの新たな取り組みを発表。フェイスブック最新情報2019

関連:Twitterの場合

Twitter「過剰なフォロー/アンフォロー」度重なる規約違反でManageFlitter/Statusbrew/Crowdfireなど3アプリAPIを停止。通知系スパム対策への動き?ツイッター最新情報2019

 

なんにせよ、この辺りの規制はどんどん強まっていて、Twitterなんかでも最近ひたすら掲げる&新機能導入の方向性としては「健全なるコミュニティ」がテーマになっている。

いろんな意味で今回のニュースは注目が集まりそう。また続報など入ったらお知らせ予定。

Posted in FACEBOOK(フェイスブック), Instagram(インスタグラム), WEB/SNSマーケティング, アプリTagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
Koukichi TakahashiTwitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機能/アップデート最新情報を配信中!写真素材はEyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップマートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載。Koukichi_T
Koukichi Takahashi Photography

人気の投稿

ツイートする