Categories
Diary Wordpress

WordPressアプリ「ブロックエディタ」vs「旧エディタ」バグ/不具合対決。結局どっちが良いのか使用感・メリット/デメリット随時更新

※掲載リンクはアフィリエイト広告を含む場合があります。

ブロックエディタ再編集すると追記部分が消える。対象はリスト?ダメじゃんw

細かいところ諸々思うところもあったけど、とりあえず投稿してみた。投稿も正常にできたので悪くないな。と思ったのだが。

追記したくて再編集、保存するも変更箇所が反映されない。おかしいなーと記事編集画面を再度のぞくと「変更した箇所が変更前のまま」。編集箇所が元に戻ってるw

結果的には、ブロックエディタのHTMLモードで追記すると正常に保存、出力された。

対象箇所はリストのブロック。クラシックモードでもリストはliがおかしな感じに入りまくるみたいなのあったし、なんかそういう意味わかんないのはブロックエディタ側でもありそう。

プラグイン干渉。ブロックエディタ利用でおかしくなるもの

言語翻訳WordPressプラグイン「qTranslate-X」pタグに囲われおかしくなる

さっき書いた記事編集しようとしたらこれ。DJI RoboMaster S1 ほしいwすごい

画像の通りプラグインで出力される言語指定コードがpタグで囲われてしまう。

qTranslate-xではブラウザで投稿画面開くと編集画面にタブが表示されて言語を切り替えて、それぞれの言語で記事を書くことが可能。その際出力のコードがスマホ編集画面で無効化。

Pタグで記事表示がなんかおかしくなる。アクションフックきかない

以下ツイートは別問題の話も含んでるけど。

(日本語)

そもそもpタグ出力されないのがあれでみんなTinyMCE Advanceとかを使ってるだっけ?覚えてないけど。

何してもpタグに囲まれてしまうとおかしくなるぽい。

WordPressアプリでサポートされてない(挿入機能ない)ブロックエディタコードも正常に出力される

最新記事一覧出力とかは便利。HTMLエディタで編集の手間あるけど辞書登録して呼び出してなら比較的楽かも。

随時加筆中。

続く

読んでくれてありがとうございます。また見に来てください
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載