この記事は約 3 分 25 秒で読めます。(2734文字) |

 

うん、なにこのしょうもない写真て思うと思うw

 

けど、まずそうなご飯とか、ただのしょーもない食べ物写真は案外売れるw

 

 

この写真が$43‼😂😂

 

 

まずそうなそばが$30!

 

Adobe stockだったら「美的なんとかが・・・」みたいな理由で確実にリジェクトだろう 笑

売れても30円~150円とかだろうし、むしろアップしてやんないよ!って感じだけどw

 

そして、Getty直でもきっとリジェクトなのかな。直はやったことないからわからないけど。
(というかわざわざしょうもない写真をアップしようとする人がいないだけかもだけど)

 

EyeEm経由だと本気でクソレベルの低画質とかじゃない限りは問題なく販売開始される🙈

(プレミアムコレクションに選ばれなきゃダメだけど)

なのでもしかしたら、隠れ需要のあるまずそうな飯とか(他にもいろいろあるけど。うんこの写真とかw)の写真はEyeEmを通さない限り、Gettyimagesでの販売は困難ってことになるのかもw

というか、その需要に気付くことが出来るのは一部のEyeEmユーザーだけという事になるのかもしれない😁

 

 

この現象と同じことが起きそうなのが、スナップマート × PIXTA

 

6月7日からスナップマートが新料金体制になると同時?に提携ストックフォトサイトでの販売が開始になる。

PIXTAにもまずそうな飯とかはたぶんあんまりアップされていないと思うw

なので、そういう意味でも個人的に今注目しているのがSnapmartだったりする。

 

クローズアップの何の変哲もない食べ物の写真なんて、自分で撮れるんから誰も買わないみたいなのが通説だけど、

じゃあ、わざわざそのために、その場でその食べ物買いに行くの?

で、わざわざ買いに行ったにも関わらず、わざわざ何の変哲もない構図で、まずそうに撮るの?って話w

 

例えば、ストックフォトサイト運営会社が、そういう写真は需要がないのでって言うのはわかる。

なぜかというと、ニッチなものを推すメリットがないから。

ニッチはニッチであるが故に需要が生まれるわけで。あふれかえったらそれはニッチじゃなくなる。

そして、ニッチなだけに爆発的な需要はそもそも望めない。

 

それよりなによりも、ぶっちゃけウチの企業はこうありたい!ってのをユーザーの力で実現させるのが目的なわけでw

はっきり言っちゃうと、CGMなんてものは、「如何にユーザーを都合よく動かすか」っていうのがテーマなわけでw

企業がいうまんま「今が旬」な

 

需要の存在をわかっていない人たちに言っても、いやいやそうじゃなくてって話になるとは思うけど。

爆発的な需要はもちろんないが、個人が稼ぐには十分な可能性は秘めていると思う。

 

写真買う側がなぜオンラインで買うか。

あたりまえだけど、その場ですぐ使えるから。

 

EyeEm × Getty imagesのデメリット

 

 

EyeEmで付けたタグ、ロケーションタグが完全無視されるってところ😂

 

せっかく渋谷の写真一杯撮って、細かくタグつけてんのに、ゲッティにアップされた時点で全部無視される

タイトルには渋谷が入らず、タグにも入れてくないので売れない。

都市名としては「東京」がつくけど、東京と渋谷じゃ競合件数に差がありすぎるw

 

渋谷タグついてるのは数枚しかないけど、それはコンスタンスに売れてるので、ふざんけなよ!って話w😤😤

たぶん渋谷写真は少なくとも200枚くらいはGettyで販売してると思うので、そのせいでどんだけ損してるかw

 

EyeEmブログでロケーションタグつけて!とか言ってるけど、付けたってGettyで反映されないんじゃ意味ないだろ。

EyeEmはいろいろな面でちくはぐな部分が多い。

例えば、エディター・キュレーターの好みや考え方の違い。

リアルフォトグラフィーを提唱しているものの、全体的にEyeEmがアート思考なので、個人の感性に任せているのかスタッフによって記事の方向性や場合によっては、過去に書いたことの全否定とかもある😓😓

 

他部署と連携が取れてない感が激しいので、もしかしたら単純に別部署の人間は理解していないだけのかもしれないけどw

いっくら良質な情報を配信してくれても、その記事だけで完結しちゃってるので意味がないw

もったいないし迷惑だからちゃんとしてw

 

 

 

No items, feed is empty.

 

 

写真販売するなら登録しておきたいストックフォトサービス一覧

Shutterstock
審査厳しい、申請もちょっとめんどくさいのであんまり使ってない。けど、世界のストックフォト最大手のひとつなので、数アップすればかなり売れるんじゃ?数枚しかアップしてなくて売れた事ほとんどないけど1枚$0.25だったかと。動画狙いがおすすめかも。
iStock/ Gettyimages
こちらも世界の最大手フォトストックサービス。現在はゲッティイメージズにコントリビューター申請してもiStockに回されるぽい。実際そうだった。素材登録、申請、審査ともに手間かかるし厳しいのであまり使ってない。ただし世界中で写真が使われる事になるので大手メディアで使われると連鎖的に他メディアが購入してくれるなどの可能性も高い。例えばプレスリリースやニュースメディアなんかで使われると他サイトが引用する際に写真を購入して使ってくれる場合も。
Motion Elements
After Effectsのテンプレートや動画素材販売+写真素材なども販売可能。自分で販売価格の設定ができ、なおかつ販売価格のテンプレ作成可能で複数写真に一括適用可能。同様にキーワードやジャンルなどの各素材情報も複数テンプレ登録可能なので申請はいろいろ楽かも。そして審査も緩く報酬率は販売価格の50%と良い感じ。
Adobe Stock(Fotolia)
Adobe CloudやPhotoshop他様々なアプリとの連携で写真検索できるので購入者は世界中にとんでもない数存在するので報酬率低いけどまあ無難に登録しておくべき。自分もそうだし、ネットなんかで一般的に見かけるのが1枚あたり報酬28円~140円くらい。けど、この前一枚800円超え報酬があった。動画は売上4000円/1本で売れた事も。購入者の契約プラン依存ってことだろうか。
Snapmart
他とは全然タイプの違うストックフォトサイト。ピックアップされやすい写真の方向性としてはインスタ映え系、フィルム系。HP素材というよりはブログとかのアイキャッチ用途が大部分の様な?ブログ内で時々触れてるけど、低報酬&顧客数が圧倒的に少ないなどもあって写真素材で稼ぐにはあまり適していない。ただしストックフォトにしては珍しく自力集客が有効なサイト(普通ストックフォトでリンク流してもまず売れない。というか買う側がSNSとかブログ経由なんかで写真を探すわけないので)。しかし、えとみほさんの影響力やスナップマート運営のSNS活用によってメディア的立ち位置での影響力も強く、SNS誘導が威力を発する点は他にはないメリット。うまく立ち回ると写真販売+αが手に入るメリットも。この辺りがまさに素人革命。何かの分野に特化した知識/能力を持っている場合はその立場を生かしつつスナップマートを活用するというのがベストかと。写真のアップはアプリiOSからのみ。
PIXTA
自分がWEB制作なんかに素材購入する際は9割ピクスタ使ってる。日本人素材が多く、アイキャッチとかとは違って逆に素材感が必要な場合も多く、悪く言えば不自然な写真が揃っているのでHP作成なんかには使いやすい。
EyeEm&Gettyimages
EyeEmは写真の審査はほぼ無いに等しい。そしてプレミアムコレクションに選ばれると世界のゲッティイメージズでも販売可能になる。これも特別良い写真じゃないと選ばれないって訳でもない。売上は一枚あたり2ドル~125ドル。報酬率は販売価格の50%。ゲッティ経由ならEyeEmの取り分の内50%が売り上げとしてもらえる。英語で色々対応する必要あるので全く英語できない人には厳しいかも。アート方向と収益と両立したいって人には色々チャンスも。スポンサー付きコンテストで色々もらったり、計30回以上コンテスト入賞したり、ドイツで写真展示&スポンサーが20万分旅費宿泊費全額負担してくれてベルリンに招待された俺が言うんだから間違いない 笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事も読まれています

Sometimes my strange illustrations sold on Adobe Stock. Stock Photo earnings an…
I'm selling this on Adobe Stock[fotolia]  振り返り記事!noteがサクッと更新できて良い感じなのでそっちに先にアップ中。https

My sold photograph on Getty images that was published for “Goya Chanpuru …
I'm selling this on Gettyimages  My sold "Close-Up Of Goya Chanpuru" photograph on Getty i

EyeEmから手紙が!中にはMarketで初めて売れた写真のプリント。
Twitterとか見てたら、なにやらEyeEmから手紙が届いたとかなんとか外人たちが騒いでてなんだろと思ってたら、俺にも届いた!どうやら、EyeEmマーケットにて初めて売れた写真をプリントして

FluxFMの次期キャンペーンポスター選出投票に写真が選出されました!良かったら投票お願いします!EyeEm Mission Discover Berlinファイナリスト選出
最終日!投票形式で上位5枚の写真がベルリンの街に展示されるとのこと。ベルリンの…
I'm selling this on Gettyimages | EyeEm |   noteでは書いてたけど、こっちでは書いてなかった・・・本日?最終日!

報酬が$ETHイーサリアムで貰えるインフルエンサーマーケティングアプリIndahashがHitBTCに上場予定。でもアプリユーザ視点で見るとなんか大丈夫なのかこれ…な件
Influencer marketing App:INDAHASH $IDH will be listed HitBTC. and I registere…
 報酬が$ETHイーサリアムで貰えるインフルエンサーマーケティングアプリIndahashがHitBTCに上場予定。でもアプリユーザ視点で見るとなんか大丈夫なのかこれ…な件当記

EyeEmマーケットで「グリーンビールで乾杯」写真が売れました!I just sold photo "holding green beer at  St Patrick's Day" on EyeEm Market!
I just sold photo “holding green beer at  St Patrick’s Day” o…
I'm selling this on Gettyimages | EyeEm  I just sold photo "holding green beer at  St Patr

「COPYTRACK利用中です。画像/写真の商用無断使用・不正商用使用・写真盗難盗用は料金回収(再ライセンス提案)、及び使用料金請求・法的措置などの対応をさせて頂きます。」