Googleサーチコンソールに「ページエクスペリエンス」タブが追加

カテゴリー
Google Googleサーチコンソール SEO/検索エンジン対策 クリエイター/WEB・SNS担当者/マーケターのためのヒント
Googleサーチコンソールに「ページエクスペリエンス」タブが追加

Googleサーチコンソールに新しいタブが追加。「ページエクスペリエンス」と言う名称で「ウェブに関する指標」の上に表示されている。

https://twitter.com/koukichi_t/status/1384368484260335618

ページ内に並んでいる項目は以下。

  • ウェブに関する主な指標
  • セキュリティの問題
  • HTTPS
  • 広告に関する問題

よくわからないけど複数の項目から判定してパーセンテージでユーザー閲覧時の体験に関して評価と言うことだろうか。

More time, tools, and details on the page experience update

Google 検索へのページ エクスペリエンスの導入時期  |  Google 検索セントラル ブログ  |  Google Developers

上記ページが関連しそう。

以前から話が上がっているCore Web Vitals(コアウェブバイタル)を含む所の話っぽい。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)はUX(ユーザー体験)に関するGoogleのページ判定指標の内メインとなる要素。

大きく分けて3項目存在。「LCP」「FID」「CLS」。PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)の中で確認が取れます。

何のことか分からなくてもページスピードインサイトを使っていれば目にした記憶くらいははあるんじゃないかと。

完全把握していないので曖昧に書くと、ページ内の最大コンテンツの描画速度、ユーザーがクリック等の初回行動できるまでの時間、ページ読み込み時のレイアウト崩れの度合いなどを評価判定と言う感じかと。後で確認して間違ってたら直します。

ポッドキャストやってます。番組名は「インスタSNSニュース@聴くまとめ」各アプリで「koukichi_T」を検索!
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載