Twitterが攻撃的なコメントの再考機能を一部のiOSユーザー対象にテスト中とのこと。

以前Instagramに導入されたコメントの再考機会を与える機能と同じ役割を果たすのかなと言う印象を受けます。

以下、Google翻訳からの判断につき、正確な点は原文判断お願いします。

具体的には、他者へリプライ送信する際に、攻撃的な内容を含んでいると判定された場合にアラート表示。

本当にツイートしますか?の様な確認が入り?ツイート内容を見直す機会が与えられると言う機能の様です。

Google翻訳

物事が熱くなったとき、あなたが意味しないことを言うかもしれません。 返信を再考するために、有害な可能性のある言語を使用している場合は、公開前に返信を修正するオプションを提供するプロンプトを使用して、iOSで限定的な実験を行っています。

思わずカッとなってしまい、感情任せでリプライを送信してしまいそうになった際など、感情抑制の役割を果たすイメージかと。

本人に再考させるという形式がどちらかと言うとInstagram寄りな印象を受けます。

関連しそうな過去のテスト機能としては「ツイート編集ボタン」がありましたが、こちらはその後「たぶん絶対導入しない」の様な話が浮上。

また、クソリプ非表示機能として話題となったリプライを隠す機能は正式実装済み。ミュート/ブロック中データから判定の自動ミュート機能は続報なし。

その他、Twitterのテスト中機能で大きな話題としては、Twitterストーリーとも言えそうな24時間後に消える「フリート(Fleets)」の話題なども以前上がっています。

この辺り何か進展等あったらまた更新予定です。

さようなら。

読んでくれてありがとうございます。また見に来てね
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載

Posted in Twitter(ツイッター), ニュースTagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
ツイートする