AirPods Max予約開始!Appleのオーバーイヤー型ヘッドフォン12月15日発売!価格/特徴などまとめ。2020年12月

カテゴリー
AirPods Max Apple

以前から話題が上がりつつも、2020年後半に毎月の様に開催されたアップル新製品発表会では話のあがらなかったオーバーイヤー型のAirPods、AirPods Studioが発表されるのではという噂が浮上中の模様。

本日12月8日夜22時半ころに発表という話があがっている模様。2モデルが用意されているとの話題もあり、日本円で4万円くらいと7万円位?詳細は不明です。

なにか発表などあったらこちらに追記予定です。

AirPods StudioじゃなくAirPods Maxという名称でApple新型ヘッドフォン予約開始!

記事書いて下書きのまま寝てしまった・・・今Apple公式HP見たら、AirPods Maxとして12月15日発売と新製品情報が。以下、仕様などざっくり。

AirPods Max 仕様/価格/発売日

via Apple

価格:61,800(税別)
同梱物:AirPods Max/Smart Case/Lightning – USB-Cケーブル

  • アクティブノイズキャンセリング
  • 外部音取り込みモード
  • 空間オーディオ
  • アダプティブイコライゼーション
  • オンヘッド検知機能
  • メッセージお知らせ
  • いつでも使えるSiri
  • バッテリーが長持ちするケースSmart Case
  • バッテリー20時間
  • Lightningコネクタで5分充電で1.5時間再生
  • カラバリ5種。スペースグレイ/シルバー/グリーン/スカイブルー/ピンク

AirPods Max 製品紹介動画がYouTubeで公開

High-fidelity audio. Active Noise Cancellation with Transparency mode. Spatial audio for theater-like sound that surrounds you. Stunning design with an exceptional fit. All with the effortless magic of AirPods.
Introducing AirPods Max. Computational audio. Adaptive EQ. Active Noise Cancellation. Transparency mode. Spatial audio.

AirPods Max特徴など

via Apple

なんかたまらなく良い色だなこれ・・・w 青、赤、グリーンのパステルなかんじがすごい良い感じ。New Google Chromcastもこんな感じの淡いカラーじゃなかったっけ。買うとしたらあえてその辺りの色買うのもありかなと感じてしまう。

アクティブノイズキャンセリングに外部音取り込みモード、そしてすごく興味ある空間オーディオ。すごいんでしょこれ?気になるw

via Apple

ケースはどういうことだろこれ。ふつうに充電ケース的な意味合いでいいんだろうか。しかしなんか変というか奇妙な形状だな。どことなくw

価格は61800円。高いから今回は断念。

というか、後述の通り、安いやつだけど今日ヘッドフォン注文してしまったので。ある意味高くて助かった感w 3万台とかだったら「AirPods買えばよかった・・・」みたいなことになってそうだし

参考:他店検索リンク「AirPods Max」

ビックカメラを見ると「Apple AirPods Max ご予約整理券」みたいなページが作成されてる。店頭販売のみみたいなこと?予約開始しちゃうわけにはいかないから取り扱い自体はありますよみたいなあれだろうか。よくわからないけど。

余談がすぎる。今日オーバーヘッド型ワイヤレスヘッドフォン注文してしまったw

2019年にポッドキャスト配信を始めたことがきっかけで、人生上不要と思っていた完全ワイヤレスイヤホンに触れたり、音楽を聴く様になったり、マイクを購入したりと個人的に変化の年。

音声内でマイク音質比較したのはいずれもボイスメモアプリで録音、iPhone 11 Pro単体、EarPods、JPRiDE TWS-520、TASCAM DR-07Xの4種

そうなると、当然AirPods Proは気になる。けど競合として無線ピヤホンやSonyのなんか良さそうな完全ワイヤレスイヤホンも気になるしと手が止まっていた。

並行して、超高コスパで高音質な1700円の有線ピヤホンの弊害「金属アレルギー」で耳がめちゃくちゃになって半年以上完全回復しない今…w この状態になるとたとえプラスチックだろうと触れているとどんどん悪化する。

ってことで、そうだ、オーバーイヤー型に手を出してみよう!と今朝Ankerの6000円くらいのヘッドフォンを注文。

そして、この記事w

実際にAirPods Studioが発表されるかもわからないし、高額だし、どちらせよすぐ手を出すことはないので問題ないと言えばないけど。Sonyのあれもあるし。

とりあえず、オーバーヘッドタイプのワイヤレスヘッドフォンもノイキャンも未体験なので、お試しにはちょうど良いか。

  • 再生可能時間:最大40時間(ANCモードON) / 最大60時間(ANCモードOFF時)
  • 充電端子:Micro USB
  • 充電時間:約3時間
  • 重さ:約260g
  • 通信方式:Bluetooth 5.0
  • Bluetoothプロファイル:AVRCP、A2DP、HFP、HSP
  • 対応コーデック:AAC / SBC
  • 周波数応答:20Hz-20KHz(Bluetooth接続時)、16Hz-40KHz(AUXケーブル接続時)

AirPods Max見てしまったからか今見ると、、、

色が濃いな・・・

とりあえず濃すぎるな・・・

みたいな謎の悲しみに襲われている・・・ww

レビュー感想はポッドキャストで。気が向いたら記事や動画も。

インスタグラム/Twitterを中心に新機能/アップデート最新ニュースを信中です。よかったら他記事もどうぞ
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機/アップデート最新情報を配信中。写真素材EyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載