報酬が$ETHイーサリアムで貰えるインフルエンサーマーケティングアプリIndahashがHitBTCに上場予定。でもアプリユーザ視点で見るとなんか大丈夫なのかこれ…な件

7 min read

報酬が$ETHイーサリアムで貰えるインフルエンサーマーケティングアプリIndahashがHitBTCに上場予定。でもアプリユーザ視点で見るとなんか大丈夫なのかこれ…な件

当記事の内容は大きく分けて以下の2種。

1.仮想通貨としての$IDH Indahash概要
2.ユーザー視点からのIndahash

1.仮想通貨としての$IDH Indahash

https://indahash.com/

ざっくり書くと、インダハッシュはインスタグラムをメインにインフルエンサーを囲って企業広告を配信するインフルエンサーマーケティングを取り扱う企業。

通常、インダハッシュの取り扱う広告をインスタグラマーが自分のアカウントへ写真投稿し、その対価として報酬を支払う形だが、この報酬をイーサリアムでも支払うとのこと。また今後は独自暗号通貨$IDHでの支払いも可能に。

Indahashコイン:$IDHの感じ

https://indahash.com/ico?lang=ja_JP

クリプトエコノミー新モデルにより3つのグループ間(ブランド・インフルエンサー・観衆)でindaHashコインを循環させます。各ブランドはindaHashコインでインフルエンサーにキャンペーン報酬の支払いが可能です。
インフルエンサーは報酬をindaHashコインで受け取ることにより各ブランドの商品やディスカウント及び未発売商品などとの交換が可能になります。また、自身のトークンを発行しそれを観衆への報酬やファンサービスとして使用する事により反応率アップが可能です。
インフルエンサーの観衆(フォロワー)は取得したトークンを使ってサイン入りグッズや個人的に会う機会、その他のファン活動への参加機会を得ることが可能になります。

そして、ICOトークンセール終了でHitBTCに上場が決まったぽい。今日上場?

なんにしても、既にビジネスモデルが確立していて、既に多くの企業の広告を扱ったという実績があるので詐欺だとかそういうのを疑う必要がない。

過去に同業界でICOを行った企業があったとかなかったとかっていう情報をネットで見かけたが、そのICOは失敗に終わったみたいな話も。ホントかは知らないけど。

2.ユーザー視点からのIndahash

2017年末にインダハッシュに登録してみた。なんか一言で言うとだいじょぶなのかこれ・・・っていうかんじ。

インスタグラマー案件的な意味合いで登録したってのもあるけど、前述のとおりどっちかっていうと理由はこれ。

そう。報酬が仮想通貨で貰えるという。これは写真と仮想通貨との両方の面で興味もあるし、利益出る可能性あるしいいなと登録。

広告取得、掲載には一定基準のクリアが必要。

登録やアカウント連携は誰でもできるぽいけど、実際に広告取り扱うにはフォロワー数、投稿数、反応率が一定以上じゃないとダメぽい

報酬体系

いいね数、フォロワー数、反応率に応じて報酬額算出。

1フォロワー米ドル1セントらしい。で、算出された金額が3800円くらい。

アプリの感じ。なんかボロボロ、まともに使えるのこれ? 汗

基準はクリアはしてるんだけど、広告ページ行ってもキャンペーンアクセス不可と出るwアカウントの問題かと、別のインスタアカウントに変えようとしたところ、変更画面で変更を押すと完了しましたって出るのにアカウント変わらない。

プロフィール設定画面がなんか説明するのもあれなくらいおかしいwなんか入力できない。

こんな具合で、とにかく色々不具合あって問い合わせしての繰り返し。日本語用問い合わせメールが用意されているものの、回答が来たのはたぶん2週間後くらい 笑

その間に英語用の問い合わせに連絡入れてその時点での問題はまあ解決できたからいいんだけど。英語用問い合わせ窓口から回答貰ってることは把握してなかったので、そこら辺の連携はできてなさそう。ただし、一回日本語の窓口から回答来た後はスムーズだった。

結果、なんとか使える状態にはなっているわけだけど、広告一覧画面はずっとこのままw種類も変わらない。ずっとこの5個だけが表示されてる。

なんかこういう感じを見てると、冒頭の仮想通貨視点で書いたような過去の実績だとかほんとなのか?って疑わしく思えてくるwアプリがこんな感じでユーザーがまともに稼働できるものなのかという。。。

インダハッシュに限らずだけど、ファッション、食べ物、ライフスタイル系垢じゃないと厳しい

で、結局広告取得可能状態になったものの、マッチする広告がありません。と。まあ、これはインスタにアップしている写真の種類、もしくは掲載OKと自分で判断するジャンルに依存するところなので仕方ないけど。それ以前に、前述のキャンペーン終了画面のまま広告増えも減りもしないのであれだけどw

やっぱ食べ物、ファッションあたりを扱ってないと案件すくないのはどこも同じか。国内のもそうだけど、特にインスタのメイン垢は街しか基本アップしてないのでこういう時困る。まあ、撮り様によってはいくらでも見せ方はあるんだけど。

EyeEmがジャンルごちゃまぜなのでインスタは専門性持たせたのが失敗だったか。いや、これはこれでいいはずだ。写真のアート性と収益性の両立というところを目指してるわけだし。インスタはアートサイドという扱いで良いはず。と、自己完結w

そっち系の写真アップしてて仮想通貨にも興味ある人には良さそう

関連情報

純粋な消費者など、もう存在しない――。
買う理由は雰囲気が9割 ~最強のインフルエンサーマーケティング~

This post was last modified on 2月 19, 2019 11:36

Tags: freelance photographer in Tokyo,JapanHitBTCICOIDHINDAHASHIndahashコインInstagram latest newsInstagram new featureInstagram new feature 2019Instagram newsInstagram updateInstagram update 2019Instagram アップデートInstagram アップデート 2019Instagram アップデート 最新Instagram ニュースInstagram ニュース速報Instagram マーケティングInstagram マーケティング 2019Instagram 新機能Instagram 新機能 2019Instagram 最新アップデートInstagram 最新情報Instagram 最新機能Instagram 最新機能 2019Instagram 運用Japan Photographerkoukichi takahashiktpicsPhotographer Tokyo,JapanShibuya PhotographerSNSSocial MediaStock images earnedStock images earningStock images soldstock images 報酬Stock photos EarnedStock photos EarningStock photos soldstock photos 報酬Tokyo PhotographerTokyo Tokyo Old meets Newアプリアプリ ニュースアプリ 最新情報インスタ ニュースインスタ 最新情報インスタグラマーインスタグラマーICOインスタグラム ニュースインスタグラム 最新情報インダハッシュインフルエンサーインフルエンサーマーケティングストックフォト 副収入ストックフォト 副業ストックフォト 収入ストックフォト 在宅ストックフォト 報酬ストックフォト 売り上げストックフォト 売れたストックフォト 売れるストックフォト 売上ストックフォト 稼げるフォトICOフォトストック 副収入フォトストック 副業フォトストック 収入フォトストック 在宅フォトストック 報酬フォトストック 売り上げフォトストック 売れたフォトストック 売れるフォトストック 売上フォトストック 稼げるフリーランス カメラマン仮想通貨写真写真 earned写真 earning写真 sold写真 副収入写真 副業写真 収入写真 在宅写真 報酬写真 売り上げ写真 売れた写真 売れる写真 売上写真 稼げる写真素材 報酬写真販売 earned写真販売 earning写真販売 sold写真販売 副収入写真販売 副業写真販売 収入写真販売 在宅写真販売 報酬写真販売 売り上げ写真販売 売れた写真販売 売れる写真販売 売上写真販売 稼げる渋谷 フォトグラファー渋谷 写真家画像素材 earned画像素材 earnings画像素材 sold画像素材 副収入画像素材 副業画像素材 収入画像素材 在宅画像素材 報酬画像素材 売り上げ画像素材 売れた画像素材 売れる画像素材 売上画像素材 稼げる稼げる
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機能/アップデート最新情報を配信中!写真素材はEyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップマートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載。

Recent Posts



close