Facebook、広告主が自分の個人情報をどう使っているか確認できるように。フェイスブック最新情報2019

1 min read

2月28日からFacebook広告主が自分の個人情報をどう使っているかが可視化。

Facebook、広告ターゲティングのために「誰」が自分の個人情報をアップロードしたかを公開へ – TechCrunch

2月28日以降、Facebookのフィード投稿のドロップダウンメニューにある「このメッセージが表示される理由」(Why am I seeing this?)ボタンには、広告を買ったブランドの名前だけでなく、ターゲットの詳細な人物情報と彼らがあなたの連絡先情報をアップロードしたかどうかが表示されるようになる。Facebookは、連絡情報がいつアップロードされたのか、アップロードしたのはブランドなのかその代理店/開発パートナーなのか、いつパートナー間で情報が共有されたのかを表示する。Facebook広報は、広告主がどうのようにユーザーの情報を使っているかをユーザーによく理解してもらうすることが目標だと言っていた。

Read more

そもそも広告出したくない人はブラウザBrave使うといいかも。パブリッシャー登録中。

This post was last modified on 2月 19, 2019 13:46

Share
Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機能/アップデート最新情報を配信中!写真素材はEyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップマートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載。

Recent Posts

Anker世界最薄モバイルバッテリー販売開始!Anker PowerPort Atom III Slim。アンカー新製品2019年9月

スパムかよwほんとあれだな。なんだそのタ…

2019年09月06日 16:06


close