9 min read

WordPressかAnchorか?ポッドキャストの迷い via Anchor – iOS音声配信アプリ「Anchor」の利用メリットとざっくりレビュー。次世代SEOと音声コンテンツ 2019年8月

 
 
00:00 /
 
1X

どうやらWordPressでも簡単にポッドキャスト配信できそう。かなり細かく設定できそうだけど吉と出るか凶と出るか、そしてせっかく始めたAnchorどうするか。今回は声の大きさちょうど良いな!前回の声ほぼ聞こえないなwもっと大きくても良いか。まあ少しずつ調整していこう

音声データから文字起こしした文章

はい。2回目のポッドキャスト

前回はAnchorアプリを使って Podcast の配信をまず試してアンカー自体で配信始めました。で合わせて他の配信サービス Podcast 配信サービスにも一括で登録と言うか配信申請みたいなのができるのでそれを試して Spotify に関してはすぐ配信開始で他いろいろあるけどメインとして使いたいなと思ってる Google Podcast 、Apple Podcast に関してはまだ反応がない状態

で、結局前回撮ったやつアプリ音声がちっちゃかったんでちょっと今も iPhone のボイスレコーダーアプリ使ってとりあえず録音して、そのデータはデータで保管しておいた上で BGM を入れるなりなんなりをやっていこうかなと思ってます。

でそのアンカーとは別にこれは前回話したのかどうかわかんないけど、ワードプレス自体をメインで使ってるブログがワードプレスで、Podcast の配信ファイルをアップロードして自分で配信するってことになるけどそれができたらいいなと思って一応プラグインを調べたらなんか良さそうなのがあったので、それも一応試してみようかなと思っているところです

悩ましいのは結局 WordPress でま自分で配信した年って何か当たって調べてみたらそのアンカー使った時に Google Podcast たとか Apple Podcast に配信を可能っていうのは RSS のフィード?を各サービスに合わせたものを作ってくれるって事なのかななんかそんな感じで結局ファイルの本体自体っていうのはあの各配信サービスにアップロードするわけじゃなくて RSS を基に元のファイル置いてあるとこから呼び出して配信みたいな。

まそんな感じのものなのかなっていう風に把握してて、でそんな時すでにアンカーにはアップしててそっから各配信サービスにも RSS 出力、登録なのかなしてる状態で、それと並行するような感じで WordPress からも配信しちゃうとうまく Google に2種類の Podcast の配信登録されちゃうっていうことになるのか、それとも一人一個しか登録できないんであれば別の問題なんのかもしれないし。

その辺りはどうなるのかなっていうのは一応調べた上でやってみようかなっていうところで WordPress のプラグインに関しては見てみたらなんかものすごい細かく設定ができて、なんだろうな、ポッドキャスト専用のあれは何て言うんだ?ちょっと呼び名分かんないけどなんかカテゴリと言うかもそのひと括りになってるものがあって、その中で記事を投稿するような感じでポッドキャストの各投稿をカテゴリ分けしたりシリーズわけたりとかなんかできるみたいなんで、本格的にやるんであればワードプレスの方がいろいろできそうだなという印象は受けました。

でも結局細くできる分「ここどうするか?」とか、例えばカテゴリ分けにしてもそうだし通常の記事のタグとかカテゴリも使えそうな印象だったんで、そういうことまでしちゃっていいもんだとか何なのかとかそういうのない部分が出てきたりまた手が止まってしまいそうなんで、それを考えるとアンカーっていうあのアプリ使うんであれば悩むことなく形に形として決まってるやり方でやるしかない。

でもそれはそれでアリなのかなっていうのでとりあえずちょっと WordPress のプラグインをいじってみるのだとまた飯に一個だけアップするとかはしてみようと思うけどでなおかつとさっき言ったアップルなり Google になりメインで確実に使いたいって思ってるサービスへの登録が安価が分からやったものと両方とも共存できるのかトゥースの当たりを調べてまた進めてみようと思いますなので窓全開なんか試した時の最初にポッドキャストと音声入力も両方いっぺんにこなして一石二鳥になるんじゃないかとか水曜とかな話 村木近くって言うとまだかけてないんだけどそれは近いうちにアップすると思うのでよかったらブログの方見て下さい

前回ちょっと23分ととか長くなっちゃったんで、今日はこれで終わりにしときます。さようなら 

ポッドキャストをAnchorで試してWordpressにインポートしたら公開されちゃったあれ

この記事(ポッドキャスト)でiOSアプリ Anchorからインポートしたの2つめ。いっぺんにこのブログに表示されちゃったので、急ぎで文章で補足中。

なんでポッドキャストなのか。別に音声配信したいとかではなくSEO。そして、今後リアルライフにも展開していく可能性があるんじゃないかというあたりから。

細かなところは全く別で記事を書き途中。前述のSEOの観点と、効率化というところ。どうせ音声入力で記事かいてたりするので、その音声データ活かせるのでは?という。

結果、ポッドキャスト側から進めて音声データから文字起こしが効率的かなと。そう思いつつ、ちょっとうまくいかない部分もあったり。

ポッドキャスト配信で得た気づき。そして効率化と拡張性

実際にポッドキャスト配信してみると知らかったことも多いし、今までやってたこととリンクする個所や音声データを複数の形で再利用できそうだな。とか、いろいろ気づきが多い。

さっきから書いてるAnchorってアプリにも触れたいところだけどキリがなくなりそうなのでかるーく。

iOSポッドキャストアプリ「Anchor」と実際に体験して得たあれこれ。

複数ポッドキャストへの同時配信が可能!簡易インサイトでリスナーのデータがとれる。

ざっくりAnchorに触れておくと、複数ポッドキャストサービスで一括配信可能。そして簡易的だけど各配信サービスでの視聴者(リスナー)インサイトの確認が可能。

審査があるのかないのかよくわかんないけど、AppleとかGoogle Podcast、そしてそのほかよくわからない海外?配信サービスではまだ公開されてない。

Spotifyでも同時公開済み。なんにもやってない。Anchorで配信しただけ。らくちん

Spotifyに関しては即配信開始できて、すでに公開されてる。なので、ユーザーの利用しているアプリで聞いてもらえるみたいなところもメリットなってくるのかも。

そして埋め込みできるからそういう意味でもよいなこれ。

よくわかんないポッドキャストのRSSの概念とWordpressプラグインでのインポート

ただし、実際にWordpressにAnchorのRSSをインポートしてみて気づいたんだけど、これはたとえばSpotifyで配信して、そのRSSからインポートもできるみたいなことだろうか。

特にSpotify主軸にするメリットもないのであれなんだけど、そうなるとまだ公開されてないGoogle PodcastとかAppleとかメインとしたい配信サービスの方が気になってくる。

そっちで直配信?できるんならその方がメリット生まれるのかなんなのか。

まあ、どっちにしろ主軸にするのはブログなので、ブログから直配信という形がとれればどれでもいいのかもだけど。Googleに関してはSEO的な観点から必要があれば見直しも必要かもだけど。

その他ポッドキャスト/音声配信サービスだと「Radiotalk」とか、アメブロ「こえのブログ」とかもあるよね

Radiotalkは実際にポッドキャスト配信試して得た気づきをふまえるとあれはあれでなんかすごいよさそうだなと。今やろうとしてることと直結はしないのであれだけど。noteのお題みたいなかんじでみんなで投稿してみたいな印象だろうか。まあ、noteにもポッドキャスト機能あるけど。

noteにも公開しようかと思ったけど音声データアップロードして配信てのできないぽいのでやめた。noteはいろんなことさっくりシンプルにできる反面、かゆいところに手が届かない感すごい。

そしてこえのブログ。アメブロのやつ。前に記事書いたななんとなく。あっちはあんま盛り上がってなさそうな印象。けど、逆に埋もれることはないのである種のメリットはあるのかも?

そして、音声録音後に文字お越しまでやってくれるってのすごい。音声聴きながら文字も追っていく感じ。そこらへんのあれでか録音最大時間は3分。

WordPressとAnchorでのポッドキャスト配信まとめ

ちょっとこの文章では収まりきらないな。いろいろすごいなと感じたあれこれは。そして今文章打ってると、音声コンテンツ配信してからの方が、文章書くのもさくさく進むという事実。

音声で深く考えることなく話したことに対して肉付けという形で文章が書けるからだろうか。

ていうか今気づいたけどこれ・・・やばい、やばいそこれはw

全てはSEOに収束する。

さようなら。

Koukichi TakahashiTwitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機能/アップデート最新情報を配信中!写真素材はEyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップマートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載。Koukichi_T
Koukichi Takahashi Photography

Popular Articles

ツイートする