iPhoneタイムラプス動画撮影 「雨の渋谷スクランブル交差点」 + Adobe Lightroomで現像+After Effects

3 min read

EyeEm Videographyへのアップの絡みで動画関連について調べたり、撮影してみたり、編集してみたり色々試してる最中。

手持ちのカメラだと使い勝手やら、画質やら、解像度やら考えるとiPhoneの4kが一番いいんじゃないかっていうw

Vimeoにアップした動画

手持ちの画質悪くないカメラだとCanon 70DとGR。しかし両方解像度は1920。
コンデジで4K30fps/アクションカム1920・170度/アクションカム4K25fpsと持ってるけど何台も持ち歩くってのもあれだし、どれも何かしらが欠ける様な状況。

現状4kが必要かって言われると要らない気もするんだけど、なんとなく気分的に4Kがいいなみたいな。

後述するけど4Kで撮ってるつもりがタイムラプスだとダメらしい

iPhone7 タイムラプス動画撮影 + Adobe Lightroomでクイック現像

これはiPhone7でタイムラプス撮影したもの。
※動画撮影に設定を4Kにしてあっても、タイムラプス撮影は1920になってしまう。

Adobe Lightroomで動画の現像が簡易的にできるのを最近知ったので、写真にいつも使ってるプリセットを微調整して適用してみた。

Adobe Lightroomからの書き出しだと、4K動画は現像処理を適用したまま書き出すには1920になってしまう模様。どうせタイムラプスで1920になってるし、今回はちょうど良いってのもあってLightroomのクイック現像してみた感じ。
※詳細は下記リンク先記事を。

Lightroomで動画を写真みたいに現像する方法。サクッと調整らくらく便利。

手振れが目立ったので、最終的にAdobe After Effectsのワープスタビライザーで補正。

EyeEm Videographyにアップなら画質はそこまで気にする必要はないかも

ノイズやら細かいこと言うともちろん満足はできないんだけど、EyeEmにアップするってのを前提としてかんがえると、そもそもEyeEmが推しているのはモバイルなわけで。そういう意味であまりにもひどい画質じゃなきゃ問題なし。

今回は普段写真にやってる感じのエディットにしてあるけど、何回か書いてる様にEyeEmはVSCO系エディットが好みだと思うので、グレイン?ノイズとか敢えて入れてクラシック感演出した感じのも受け入れてくる。

なので、多少ノイズ入ってても、エディットで雰囲気込みにすることによって画質の悪さは挽回できるかなと。

いろいろ試して、今後は動画方面にも力を注いでいきたい。写真と違ってじっとしてなきゃいけないからそれがつらいけどw

関連情報

動画方面はそこまで気にしてなかったので最近気づいたんだけど、4K60fps対応とか6K対応とかのカメラ出てるとはw

6Kなんていらんだろ?って思ってはいたんだけど、ストックフォトにあたって6Kでjpg切り出しして使用ってのも考慮すると欲しくなってくるが…高いしレンズとか買ったりとか考えると現状は手は出せないw

世界初「4K60p動画記録&4:2:2 10bit 4K30p動画記録」 プロフェッショナル動画性能
Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5 DC-GH5-K

This post was last modified on 10月 22, 2017 12:45

Koukichi Takahashi @Koukichi_T

Twitter常駐。ストックフォトグラファー/ブロガー。インスタグラム/Twitterを中心にSNSの新機能/アップデート最新情報を配信中!写真素材はEyeEm/Getty Images/イメージナビ/Adobe Stock/スナップマートなどで販売中です。その他各種製品本音レビュー掲載。

Recent Posts



close